60歳以上が聞こえが悪くなるのは加齢性の難聴が考えられる!?

konan.JPG



少し前から耳が遠かった場合は混合性難聴があるとも言います。




混合性難聴とは?


若いころ中耳炎やケガでおこる原因の
モノが加わりなるようです。



加齢性の難聴が加わった難聴と言う事ですね。



「混合性難聴」は、

このばあい聴力が改善する場合があるみたいですよ。


完全には回復することは無いけれど、
割りあい改善してくれるようです。



その場合でも多くの人はデジタル補聴器での
対策をされています。



治療を選択し継続しつつ、
補聴器を選ぶと言う事になるようです。

年齢と耳の状態そしてその方の決断で
医師と相談しながら選ぶのが良いと考えられています。

hocyouki1.JPG

では補聴器の事を調べてみると先ず価格が気になります。


hocyouki2.JPG


○補聴器っていくらくらいするの?



これもピンからキリまである。


片耳で50万円以上する高額なモノから
10万円以下のモノもあります。



        正 直

  「そんなに補聴器って高いの」

       ですよね! 

価格差はメーカーや搭載機能によって変わるようです、


レイヤー分けすると

1、普及価格帯:11~20万円

2、高価格帯:21~30万円

3、プレミアム価格帯:31万円以上




あと、耳あな型なのか。
や耳かけ型なのか?

またポケット型なのかで異なるみたいですね。




○はっきり言うと、


買うだけではダメである、後のメンテが大事なんです。


自分でできる調整は限界があって、

聴器の担当者が、補聴器を使っている貴方に
寄り添い、購入後も定期的に調整だとかメンテ
行っているわけです。



要は調整とか、技術料ということ!


補聴器が高いのはそういう独特の
仕組みだったのです。


自動車を買って、車検や3ヶ月点検とか
6ヶ月点検とかあるのと同じと考えると

分かりいいと思う。


だから高いのです。


この記事へのコメント